水琴窟
日本庭園の特殊技法の1つで、江戸時代後期の文化・文政の頃に、庭師が考案したものといわれている。地中に小洞窟を造り、その中に水滴を落とし、そこから発生する滴水音を洞窟の壁面に反響させる。その音が、琴の音色に聞こえることから「水琴窟」といわれている。
<A HREF="IMG/suikin.gif">水琴窟の音</A>


[野崎家案内へすすむ]
[GO TO THE OLD NOZAKI RESIDENCE INFORMATION]



For further information contact kurashiki-information